閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年4月18日 シドニー 原田富雄

PNG:Nautilus Minerals、Solwara 1プロジェクトの支援船を発注

 Nautilus Minerals(本社:カナダToronto)は、PNGで開発中のSolwara 1海底硫化物鉱床プロジェクトにおける生産活動支援船の建造について、ドイツ海運業者のHarren & Partnerとの間で契約を締結した。Harren & Partnerは、127百万€(183百万US$)を費やして船を建造、2013年H1に就航させる計画で、同社は同船舶の50.01%の権益を、PNG政府はプロジェクトのJV企業である同国国営企業のPetromin PNG Holdingを通じて5%を所有する。
 Harren & Partnerは、既に船の初期設計を終えており、ドイツ船級協会(Germanischer Lloyd)により多目的乾貨物船に分類され、全長208 m、船幅40 mで、約18,800 t、17ノットの巡航速度を有する。また、海底採掘に係る機器と、関連する揚水ポンプ用の動力源として30 MWの発電能力を有し、30名の船員を含め、160名が宿泊できる仕様となっている。

ページトップへ