閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年4月27日 モスクワ 大木雅文

ロシア:ステンレス製品輸入増加が続く

 当地報道では、ロシアへのステンレス製品輸入が増大している旨報道している。
 特殊鋼協会の専門家によると、2011年Q1におけるロシアのステンレス製主要製品の輸入量は前年同期比37.6%増の48,064 tとなった。これは2008年の経済危機前を30%も超える水準である。一次製品の輸入は3.8倍に増え、平板の輸入は約20%増えた。棒状圧延製品とワイヤはそれぞれ127%、115%増えた。管製品では、ステンレス製シームレス管が51.6%増、電気溶接管が30.7%増であった。このような著しい輸入増は、最終需要の増大の他、ロシア国内におけるステンレス製品の生産品目が限定されているとの分析である。
 なお、2011年1~3月のロシアのステンレス鋼輸入内訳は、平板が全体の62.4%(前年同期:71.7%)を占め、続いて棒状圧延製品(17.9%、前年同期:10.9%)、電気溶接管(8.5%、前年同期:6.1%)、シームレス管(6.7%、前年同期:9.0%)、ワイヤ(3.2%、前年同期:2.0%)、一次製品(1.2%、前年同期:0.3%)となっている。

ページトップへ