閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年5月9日 メキシコ 高木博康

メキシコ:Minera Frisco、2011年Q1は純益が前年同期比86%減

 Grupo Carsoの鉱業部門子会社であるMinera Friscoは、2011年Q1の業績及び金属生産量を下表のとおり、2011年5月2日付け同社HPに発表した。同社は、金属価格の高騰と貴金属及び銅の生産増加により前年同期比19%増の1,891百万Peso(158百万US$)の売上高を記録したものの、外国為替の損失と高い利子によるファイナンシャルコストの増大により、純益は前年同期比86%減の51百万Peso(4.3百万US$)の純益に留まった。
 同社は、2011年1月にメキシコ株式市場に上場している。2011年4月29日の株主総会においてTayahua多金属鉱山の買収が承認され、同鉱山の権益51%を保有し傘下に治めることとなった。これにより、同社は、メキシコにおいて、El Cornel金銀鉱山、Acientos多金属鉱山、San Francisco de Oro多金属鉱山、Maria銅鉱山、San Felipe金銀鉱山及びTayahua多金属鉱山の6鉱山を操業することになる。

(百万Peso) 2011年Q1 2010年Q1 前年同期比(%)
売上高 1,891 1,583 +19
営業利益 798 765 +2
EBITDA 913 873 +5
ファイナンシャルコスト -646 -164  
当期利益 51 369 -86

  2011年Q1 2010年Q1 前年同期比(%)
金(kg) 1,609 1,183 +36
銀(kg) 42,187 35,383 +19
銅(t) 5,049 3,198 +58
亜鉛(t) 20,792 24,466 -15
鉛(t) 5,739 5,806 -1
ページトップへ