閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年5月23日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:Far West社買収に係るCapstone社株主投票は6月13日に

 Capstone Mining(本社:バンクーバー、以下Capstone社)の株主及びFar West Mining(本社:バンクーバー、以下Far West社)の社債権者による、Capstone社のFar West社発行済み全株式取得承認に関する投票は2011年6月13日に行われる予定である。
 2011年4月中旬に両社は、約725百万C$(741百万US$)の正式契約合意を発表した。これが完了すると、Far West社はCapstone社が70%、韓国KORESが30%を出資する新子会社の保有となる。Capstone社とKORESは、Far West社のSanto Domingo酸化鉄・銅・金プロジェクト(チリ第Ⅱ州)開発のための長期的戦略パートナーシップを築くことで合意している。
 KORESは、新子会社の株式30%を取得するために、約210百万C$(215百万US$)を出資する。また、KORESはCapstone社の株式約11%を4.35 C$(4.45 US$)/株、総額約170~180百万C$(174~184百万US$)で取得する。
 Santo Domingo鉱床は、チリの酸化鉄・銅・金鉱床ベルトに位置し、NI43-101準拠の概測資源量として486百万t、換算品位Cu 0.57%、予測資源量として61百万t、換算品位Cu 0.46%(いずれもカットオフ換算品位Cu 0.25%;換算品位には銅、金、磁鉄鉱を含む)が発表されている。

ページトップへ