閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年5月23日 ジャカルタ 高橋健一

マレーシア:中国CHINALCO、サラワク州にアルミ精錬プラントを建設

 2011年5月2日の各社報道によれば、中国アルミ大手CHINALCOとGulf International Investment Group Holdingsは、マレーシア・サラワク州に16億US$のアルミ精錬プラントの建設に関するJV契約に合意した。両者による同プラント建設は2010年2月に基本合意がなされており、これにより新たな一歩を踏み出した。
 計画されている製錬プラントは、第1フェーズにアルミ年産能力37万tとし、その後、電力供給量の拡大により年産能力70万tまで拡張する。併せて、両社はサラワク州の電力供給会社であるSyarikat SESCO Berhadと電力供給基本契約を締結し、これにより600 MW超の電力が今後プラントに供給される。

ページトップへ