閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年6月6日 バンクーバー 片山弘行

加:Vale、マニトバ州Thompson市に対して地元経済発展促進のため年625万C$支払

 マニトバ州Thompson市は、2011年6月1日、Valeが2011年及び2012年の援助金として各年600万C$を支払うとともに、Thompson市の持続的な経済発展を促進するために2003年に設立された特別会社Thompson UnLimitedに2011年及び2012年にそれぞれ25万C$を支払うことを定めた契約(grant-in-lieu agreement)を締結したと発表した。また、本契約では2013年以降の契約について早期に交渉を開始することも定めていると併せて発表した。
 本契約は、IncoがThompsonニッケルベルトにおいてニッケル鉱床を発見し、その開発に当たりThompson市及びMystery Lake地方政府を設立する際の1956年に、マニトバ州政府とIncoが締結した契約に基づいている。この契約ではIncoが毎年、地方政府等に税金に相当する金額を支払うことを定め、2005~2012年にかけてはIncoが自主的に各年の支払額を625万C$へ増額させていた。その後、Valeは2011~2012年の支払いに関して態度を明らかにしていなかったため、Thompson市はマニトバ州政府に対して法律を策定するよう求めるなどの行動を起こしていた。

ページトップへ