閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年6月14日 シドニー 栗原政臣

PNG:Newcrest、金の年生産量の下方修正

 2011年6月9日、Newcrest Mining社はパプアニューギニア・Lihir金鉱山の休止のため2011年度生産の下方修正を発表した。6月8日、プラントへ供給する電流量を調整する発電所の高電圧接続装置の故障が起こった。修復作業はすでに始まっており、3週間内にフル生産に戻る見込みであるが、Newcrest社はこの接続装置の故障を主な理由に2010~2011事業年度の金生産量を155,000 oz(約4.8 t)下方修正した。他の理由としては、豪州およびパプアニューギニアの悪天候およびコートジボワールでの暴動を挙げている。Newcrest社は、2010~2011事業年度の金生産量を2.82±0.035 Moz(約87.7 t)から2.7 Moz(約84 t)としている。

ページトップへ