閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年6月21日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:Escondida鉱山がダイナミック・リーチパッド建設の環境認可を取得

 メディア報道によると、Escondida鉱山は酸化鉱を処理するダイナミック・リーチパッド建設プロジェクトの環境認可を取得した。このプロジェクトへの投資規模は5.8億US$であり、建設は2011年H2に開始されることになっている。同プロジェクトに関する環境影響評価報告書(EIA)は2011年1月中旬に環境省に提出され、評価担当機関からの質問に応えて2度の修正を行った。
 ダイナミック・リーチパッドは、近々ストックパイル容量の限界に達するパーマネントリーチパッドの後継施設となる予定である。ダイナミック・リーチパッドの酸化鉱処理能力は67,500 t/日を計画。建設期間は33か月が見込まれており、2014年H1中の操業開始を予定している。

ページトップへ