閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年6月24日 シドニー 原田富雄

PNG:BHP BillitonのOk Tedi銅鉱山、操業期間延長は困難な情勢

 豪州紙は、BHP BillitonはPNG政府とのJVで操業するOk Tedi銅鉱山について当初予定していた2013年閉山を見直し、生産を2022年まで続ける考えを持っているが、PNGのPundari鉱山大臣はこの延長に対して反対の意を示していると報じた。
 同鉱山では、廃鉱処理の河川汚染により多数の付近住民の生活が脅かされ、環境の回復のために多くの資金が投じられた経緯がある。環境への配慮が満たされないままでの操業期間延長に対して、同大臣は2009年に改正された環境法に照らし反対の姿勢を示すと見られている。

ページトップへ