閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2011年6月27日 バンクーバー 大北博紀

加:Crowflight社、Bucko Lakeニッケル鉱山の再開後出荷量等を公表

 Crowflight Minerals Inc.(本社:バンクーバー)は2011年6月22日、4月に再開したMB州Wabowden付近に位置するBucko Lakeニッケル鉱山の再開後出荷量等を公表した。再開後初の出荷は、ON州サドベリーにある製錬所向けのニッケル精鉱約85 tであった。
 Bucko Lake工場では現在1日当たり約600 tの鉱石を加工処理しているが、これを1日当たり1,000 tまで増加させ、以前に定めた生産計画を変えずに2011年に500万lb(2,268 t)のニッケルを生産する予定である。
 また、同社は社名の変更も公表しており、2011年6月23日以降はCaNickel Mining Ltd.となる。

ページトップへ