閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年6月27日 バンクーバー 片山弘行

加:Western Copper社、Casinoプロジェクト注力を目的に分社化

 Western Copper Corp.(以下、Western Copper社)は、2011年6月23日、プレFS及び許認可申請中のCasino金・銅・モリブデンプロジェクトに注力するため、その他のプロジェクトを保有する別会社を設立する分社化提案を取締役会が全会一致で承認した旨発表した。
 承認された提案は、Western Copper社がCasinoプロジェクトを引き続き保有し、ユーコン準州のCarmacks銅プロジェクト及び北西準州のRedstone銅・銀プロジェクトを保有するA社、BC州バンクーバー島のIsland Copperプロジェクトを保有するB社に分社化するものである。本分社化により、Western Copper社の既存株主は、分社化したA,B両社の株式も受領できる。
 Casinoプロジェクトは、ユーコン準州中西部に位置する斑岩型金・銅・モリブデン鉱床であり、露天採掘による操業でマインライフは30年、通常の浮遊選鉱による銅・金、モリブデン精鉱の生産に加えて、ヒープリーチングによる金回収も実施するとしている。可採鉱量は91百万t(平均品位銅0.34%,金0.44g/t,モリブデン0.028%,銀2.23g/t)で、2015年にヒープリーチングによる操業、2016年に浮遊選鉱による操業を開始する予定である。

ページトップへ