閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年6月27日 ロンドン 北野由佳

グリーンランド:北極における領土拡大と鉱業の活性化に照準

 報道によると、グリーンランドの産業・天然資源省は2011年中に200件以上の新規探鉱権及び鉱業権を発行する見込みである。2011年6月30日にデンマーク政府に提出予定の報告書“The Arctic in a period of change 2011~2020”では、北極の極冠地域(polar cap area)におけるデンマークの領有権を強調しており、デンマークはフェロー島とグリーンランド周辺の大陸棚における5つの地点での領有権を国連の大陸棚限界委員会(CLCS:Commission on the Limits of the Continental Shelf)へ申請するとされ、北極軍事司令部の設立によるグリーンランドの鉱業と海洋探査への支援強化も期待される。
グリーンランドでは鉱業と海洋探査を今後8年間で同国における主要産業に成長させること目指しており、グリーンランド産業・天然資源省のOve Karl Berthelsen大臣は「気候変動によって雪が解け、金、ダイアモンド、ルビー、かんらん石、銅、白金、金、鉛、亜鉛、鉄等の鉱床へのアクセスが今より低コストで可能となる。」とコメントしている。

ページトップへ