閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年6月27日 ロンドン 小嶋吉広

DRCコンゴ:Ivanplats、Kamoaプロジェクトの採掘ライセンスを申請

 メディア報道によると、Ivanhoe Nickel & Platinum Ltd.(以下Ivanplats、本社:南ア)は、DRCコンゴでのKamoaプロジェクト(銅、コバルト)に関し、探鉱ライセンスから採掘ライセンスへの切り替えを申請した。「今後数年かけて集中的な探鉱・開発を行う予定であり、プロジェクト実現に向け、採掘ライセンスを確実に取得するためである。」とIvanplats社は述べている。
 現在、ボーリングによる探査は、高品位の銅鉱床賦存が捕捉されているKansokoエリアと、浅部であるため露天掘りでの採掘が可能なKamoa西部エリアにおいて行われており、今後はこれらのエリアでの詳細な資源量把握のため探査を拡大させていく。
 Ivanplats社はKamoaプロジェクトの開発に当たって戦略的パートナーを探しているところで、Ivanhoe Mine Ltd.(Ivanplats社の株式30%を保有)のFriedland会長は先日行われたカンファレンスで、「中国はDRCコンゴでインフラ整備等の投資を積極的に行っていることから、最終的に中国企業をパートナーとして選定する可能性もある。」と述べたと報じられている。

ページトップへ