閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年6月27日 北京 土居正典

中国:江西省贛州市、南部地域中・重希土類備蓄計画案を作成中

現地報道によると、南部の希土類備蓄に関する調査検討及び準備作業が進んでいる。江西省贛州市関連部門によると、贛州市政府が中心となり「希土類備蓄の課題」検討グループを作り、希土類の備蓄、資源保護及び安全かつ安定供給システム構築に関し調査研究を行い報告書に纏める作業を実施中である。これまでに数回の検討会が開催され第1次報告書案が纏められ、現在、実地調査及び調査研究論証段階に入った。計画では、2011年7月5日までに「贛州希土類備蓄における研究報告書(案)」が完成することになっている。 業界関係者は、国家レベルの南部中・重希土類備蓄により備蓄速度は速まり、資源保護及び大きな価格変動防止に繋がると述べ、さらには、海外における希土類資源開発再開による中国内価格への影響を最小限に留めることが出来ると付け加えた。

ページトップへ