閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年7月1日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:Antofagasta、Antucoyaプロジェクトの環境認可を取得

 メディア報道によると、Antofagasta MineralsはAntucoya銅プロジェクトの環境認可を取得した。同プロジェクトの環境影響評価報告書(EIA)は2010年10月に提出されていた。
 Antacuya銅プロジェクトは大規模低品位鉱床を対象としており、資源量15億t、平均銅品位0.27%(カットオフ銅品位0.10%)とされる。SX-EWにより銅カソード8万t/年の生産が見込まれ、マインライフ19年である。Antofagasta社はFSの完了と役員会の承認が得られた後、2011年末までの開発着手を目指している。建設期間は2年間を要する見込みで、生産開始は2014年初頭が予想されている。

ページトップへ