閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年7月4日 ロンドン 北野由佳

南ア:南アフリカ産業開発公社、今後5年間で鉱業に220億ZARの投資を表明

 報道によれば、南アフリカ産業開発公社(IDC)は今後5年間で1,020億ZARの助成金のうち220億ZAR(約2,630億円)を南ア国内の鉱業に投資する。IDCのGeoffrey Qhena CEOは「下流における高付加価値化を支援し、価値を最大化することに焦点を置く。」とコメントしている。また同国において再熱している鉱山国営化の議論に関しては、「産業は人々に恩恵をもたらし、雇用を創出し、経済を成長させるものでなくてはならない。高付加価値化はそのカギを握っており、人々の生活をより良いものにするメカニズムが必要である」と述べた。

ページトップへ