閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2011年7月5日 調査部 渡邉美和

カザフスタン:スロバキア企業と共同で鉛・亜鉛資源開発

 中国の報道がアスタナ発2011年7月4日の情報として報じたところによると、カザフスタンの国営鉱山会社Tau-Kent Samruk社とスロバキアのRadington Industrial Consultingは、7月4日、大型鉛・亜鉛鉱山開発を共同で行うための協議で合意に至った。
 Tau-Kent Samruk社のBolat Svyatov社長によると、「当初予定では5,000万US$の投資が必要となる」と語り、双方は共同でカザフスタン・カラガンダ州中部に位置するAlaigyr鉛プロジェクトの開発を進める。同プロジェクトは粗鉱量5,000万t前後の鉛資源量が推定されている。双方はそれぞれ50%の株式保有によりJVを設立、Tau-Kent Samruk社は必要な技術と融資を提供する。
 Radington Industrial Consulting社は「JVは毎年100万t前後の鉱石を処理し、2015年には鉛精鉱の生産を開始する予定」と述べており、2017年にはJVは鉛精鉱年産70,000 tの能力を実現する予定とのことである。

ページトップへ