閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年7月6日 北京 土居正典

モンゴル:Tavan Tolgoi石炭鉱床開発投資契約案決定

 モンゴル内閣報道局発表によると、モンゴル政府は2011年7月4日開催した臨時閣議で、国家大会議(国会)へ提出する「Tavan Tolgoi石炭鉱床開発投資契約案」を決定した。契約案によると、権益は中国・神華集団主導企業連合40%、ロシア主導企業連合36%、米国ピーボディエナジー24%である。その他、契約では①鉄道整備(南方方面、東方方面)、②発電所建設(300 Mw×2基)、③コークス生産及び石炭液化施設建設のほか、5億US$の無償資金、さらには運送費を除く売上げの5%のロイヤルティのErdenes Tavantolgoi社への支払いが決められている模様であるが、詳細は発表されていない。内閣広報室によると、国家大会議への提出は7月13日である。

ページトップへ