閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2011年7月11日 バンクーバー 片山弘行

加:HudBay社、Lalor銅・金・亜鉛プロジェクトで新たに選鉱施設を建設へ

 HudBay Minerals Inc.(以下、HudBay社)は2011年7月5日、加マニトバ州に位置するLalor銅・金・亜鉛プロジェクトの最適化調査の結果を発表した。最適化調査の結果によると、既存のSnow Lake選鉱施設を修理して利用するよりも、新たに山元に選鉱施設及びペースト充填プラントを建設した方が、初期建設費は144百万C$上昇して総額704百万C$となるものの、操業費は35%低減して52 C$となり、選鉱能力も29%上昇して1日当たりの処理量が4,500 tに向上するとしている。
 Lalor銅・金・亜鉛プロジェクトは、Chisel North亜鉛鉱山の北西約4 km、Snow Lake選鉱場の西約12 kmに位置し、2011年1月1日時点での推定可採鉱量は10.5百万t(平均品位Au 1.55 g/t, Ag 21.00 g/t, Cu 0.64%, Zn 8.31%)である。現在、Chisel North鉱山からのランプ坑道を掘進中であり、2012年Q2にアクセス坑道が完成、2013年初頭に生産開始、2014年後半には生産立坑が完成してフル生産となる予定である。

ページトップへ