閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年7月11日 サンティアゴ 神谷夏実

南ア:Metorex社買収、中国金川集団もValeに対抗し買収オファー

 メディア報道によると、南アMetroex社の買収について、ブラジルValeに加えて中国金川集団も買収の意向を示しており、2社による一騎打ちとなった。Valeは、2011年4月に、Metorex社株価7.35ランド(11億US$相当)の買収オファーを提示しているが、金川集団のオファーはMetorex社株価8.9ランド(14億US$相当)になっている。Valeは7月15日までに対抗オファーを出すことができるが、一部報道ではValeは買収オファー撤回とも伝えられている。
 金川集団は中国最大のニッケル、コバルト、白金生産者で、銅地金生産も60万t/年の能力を有しているが、アフリカを銅、コバルト、ニッケル産出の重要地域と位置付け、今後ザンビア、DRCコンゴへの投資を増加させたいとしている。金川集団は既にヨハネスブルグに事務所を構えており、2010年には南アの白金生産者Wesizwe社株式の45%を取得している。
 一方のValeは、対アフリカへの投資額を今後5年間で120億US$としており、Metorex社買収はアフリカ戦略にとって重要な位置付けとなっている。Valeは豊富な資金力を有するが、対アフリカ投資のリスクを考慮し、Metorex社買収金額を引き上げるかどうかの決断を迫られている。
 Metorex社はDRCコンゴからザンビアにかけてのカッパ―ベルト地帯にChibuluma銅鉱山(権益シェア85%、ザンビア)、Ruashi銅鉱山(権益シェア75%、DRCコンゴ)を有している。

ページトップへ