閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年7月11日 ロンドン 北野由佳

南ア:白金、金、石炭鉱山でストライキ実施の可能性

 南アの鉱山労働者組合(NUM: National Union of Mineworkers)は2011年7月7日、白金生産最大手のAnglo American Platinum社(以下、Amplats社、本社:ヨハネスブルグ)が提示した4.6%の賃上げを拒否し、同組合の労働者とストライキ実施の協議に入るとの声明文を発表した。NUMはAmplats社に対してインフレ率の約5倍にあたる20%の賃上げを要求していた。同社の白金鉱山でストライキが起こった場合、2011年の生産目標である260万oz(約80 t)を達成することが困難となり、白金価格に影響を与える可能性があるとされる。
 またNUMは同日、NUM側が14%の賃上げを要求していた金及び石炭の鉱山労働者に関して、企業側を代表する南ア鉱業会議所(Chamber of Mines)が4%~6%の賃上げを提示したことに対しても異議を唱えた。NUMのFrans Baleni局長は「金及び石炭鉱山において25万人の労働者による大規模なストライキ実施のための準備を始めている」とコメントしている。

ページトップへ