閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2011年7月11日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:中国Risingsun Mining & Mineral社、スラウェシのニッケル製錬所建設に150百万US$投資

 2011年6月19日の地元紙報道によれば、中国Risingsun Mining & Mineral社は、150百万US$を投資し、インドネシア南東スラウェシ州にフェロニッケル製錬所を建設する計画を示し、2014年に建設に着手する予定である。同社Wu Jianyiゼネラルマネージャーによれば、南東スラウェシはニッケル資源が豊富で今後75年から100年までの埋蔵量を有しているとされ、この投資により、同社の製鋼工場への安定的な供給が可能となると説明した。
 これに先立ち、同社は地元企業のPT Indah Lestari Alam社と2012年のニッケル鉱石の買鉱契約を締結し、月4百万US$の購入額により5万tのニッケル鉱石の供給を受ける予定である。同ゼネラルマネージャーは、このPT Indah Lestari Alam社との買鉱契約について、将来的に購入し易い価格設定が可能になるといった狙いと、地元企業との関係を構築することが今後の新たな事業展開にとって重要なポイントであると考え、大企業ではなく地元企業を選択した理由であると説明している。

ページトップへ