閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年7月11日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:Cita Mineral Investindo社、ボーキサイト製錬所建設に4億US$の投資を検討

 2011年6月24日の地元紙報道によれば、インドネシアのCita Mineral Investindo社は、新鉱業法(2009年法律第4号)下の高付加価値化義務が2014年から完全実施されることを受け、4億US$を投資してボーキサイト製錬所の建設を検討していることを明らかにした。同社幹部であるYusak Lumba Pardede氏によれば、建設計画は内部で既に進められており、現在、国内外を問わずパートナー企業を探しているとの事である。また、経営形態については合弁企業にするか、直接経営とするかを検討中であるとしている。
 Cita Mineral Investindo社は、農業、鉱業、運輸、工業等の広範囲な分野において事業展開を行う貿易商社である。今回、製錬所建設の場所は明らかにされていないが、鉱業分野においては子会社であるPT Harita Prima Abadi Mineral社が西カリマンタン州でボーキサイトを採掘している関係から、同州がその候補地となっているものと思われる。

ページトップへ