閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年7月11日 北京 土居正典

中国:国土資源部、ボーキサイト鉱山集中地域を整備探査区へ

 安泰科によれば、中国国土資源部地質調査局は、ボーキサイト鉱山が集中する下記6地域を整備探査区とした。現在、中国のボーキサイト資源は、一部の鉱山でマインライフは5年程度となっている。このため、中国内での探査を積極的に実施する必要があり、第12次5か年計画期間中に5~8億tの発見を目指している。ここ数年間の探査で鉱床賦存が期待される101カ所を抽出する計画で、広西、山西、河南、貴州など4省区での予想埋蔵量は10億tを超える。
 なお中国は、インドネシア、豪州など海外からボーキサイトを輸入しており、2011年の5月までの累積輸入量は17,307千t。
 6地域は、山西省霍西・河東地域、河南省液澠池礼荘寨・平頂山地域、広西チワン自治区扶綏・龍州地域、貴州省務正道地域、雲南省広南・丘北・硯山地域、重慶市武隆・南山地域である。

ページトップへ