閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年7月13日 調査部 渡邉美和

中国:安徽省、8割の鉛企業が一時停止を含む生産停止に

 現地報道が伝えるところによると、安徽省環境保護庁情報では、同省が2011年H1に100余りの鉛等重金属企業を対象に管理体制確認を集中的に実施し、この内8割の企業が生産停止または企業閉鎖に追い込まれた。
 近年、中国では鉛蓄電池又は再生鉛産業が引き起こした鉛環境汚染がしばしば発生し、安徽省でも泗県や懐寧県で相次いで血中鉛濃度異常事件が見られている。特に懐寧県では2011年初め、異常が100人以上の児童に確認されている。この鉛蓄電池企業等の管理体制確認は、これを受けて安徽省が組織的に実施したものである。
 この結果、現時点で97ある安徽省内の鉛蓄電池企業のうち、既に26企業が閉鎖或いは企業整理に、55企業は改善を伴う生産停止(注;改善後の効果が確認されれば生産再開)となり、生産停止率は83.5%である。また、再生鉛企業9企業のうち4企業が閉鎖に、5企業は改善を伴う生産停止となり、生産をこれまで通り継続できた企業はわずか1企業のみで、生産停止率は88.9%となっている。

ページトップへ