閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年7月14日 北京 土居正典 2011. 7. 12 金属企画調査部 渡邉美和

中国:工業情報化部、旧式生産設備淘汰を指示

 工業情報化部は2011年7月11日、各省(区、市)に対し、電解アルミなどの旧式生産設備を淘汰するよう指示した。工業情報化部は、2011年中に淘汰する旧式設備の企業ごとリストと能力を、《国務院関于進一歩加強淘汰落后産能工作的通知》(国発[2010]7号)と《関于下達2011年工業行業淘汰落后産能目標任務的通知》(工信部産業[2011]161号)に基づき、18の産業について企業ごとに分解して発表した。
 2011年の18産業の淘汰設備は2,255企業に及ぶものとなっている。製鉄では3,122万t、96企業、製鋼は2,794万t、58企業、コークス1,975万t、87企業、鉄合金211万t、171企業、セメント15,327万t、782企業、製紙819.6万t、599企業などとなっている。非鉄金属では、電解アルミ61.9万t、22企業、銅製錬42.5万t、24企業、鉛製錬66.1万t、38企業、亜鉛製錬33.8万t、32企業となっている。
 なお、ニュース・フラッシュNo.11-19(2011年5月18日)で報じた2011年目標と比較すると、今回発表リストの合計値は同目標より更に大きくなっている。なお淘汰対象設備仕様はカレント・トピックスNo.11-31(2011.7.1発行)で既報されている。

ページトップへ