閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル
2011年7月15日 ロンドン 北野由佳

英:閉山した金・銀・錫鉱山で生産再開の兆し

 報道によると、昨今の金属価格上昇が誘因となり、英国内の旧鉱山を再開する計画が浮上している。具体的には、金価格の高騰をうけ、閉山しているウェールズのClogau金鉱山やスコットランドのTyndrum金鉱山の再開に投資家らが興味を示しているとされる。1998年に閉山した英国最大の錫鉱山であるSouth Crofty鉱山では、2011年5月、加Celeste Copper Corporation社が、同鉱山の探鉱及び開発に770万US$を投資して、権益の25%を獲得するという合意書を締結した。
 また、ウェールズのParys Mountain銀鉱山を再開しようとする動きもあり、100%の権益を持つAnglesey Mining社は再開プロジェクトのJVパートナーを探している。一方で、閉山した石炭鉱山に関しては、再開に10~15年かかるうえ、生産にかかる費用面から考えても実行可能性が低いため、再開の可能性は薄いと専門家は分析している。

ページトップへ