閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年7月17日 メキシコ 高木博康

メキシコ:加Impact社のGuadalupe選鉱プラントで事故発生後、操業を再開

 Impact Silver Corp.(本社:バンクーバー)は、2011年7月7日に同社がメキシコ・メキシコ州に保有するGuadalupe選鉱プラントで作業員が重傷を負う事故が発生したと2011年7月8日付け同社HPに発表した。その後、同社は事故調査を行い、外部コンサルタントに作業員の安全対策を委託することを主たる内容とする再発防止対策を講じた上で、同プラントの操業を再開したと2011年7月12日付け同社HPに発表した。
 同プラントは、同社が保有する3つの小規模多金属鉱山(Noche Buena鉱山、Chivo鉱山及びSan Ramon鉱山:通称Royal Mines of Zacualpan)からの鉱石の選鉱を行っており、粗鉱処理量は200 t/日である。これらの鉱山の2010年生産量は銀23.3 t、亜鉛1,210 t、鉛730 tであった。

ページトップへ