閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年7月18日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:Grasberg銅・金鉱山、ストライキ終了、操業再開へ

 2011年7月15日の各社報道によれば、インドネシアGrasberg鉱山で7月4日に始まった鉱山労働者による賃上げを要求するストライキが終了し、7月14日から操業が再開された模様。鉱山労働者の約半数となる約8千人の労働組合員が参加したストライキは7月4日に始まり、当初7月10日までの予定であったが、交渉が難航したため延長されていた。7月13日までに行われた交渉の結果、労働者側は職場に戻ることに同意した。
 労働者側の賃上げ要求内容は、Freeport社が操業する世界平均時給が15 US$であるのに対し、現在のGrasberg鉱山での時給は1.5 US$であり著しく低い水準となっていることを指摘し、3.0 US$への引き上げを要求してきた。組合関係者によれば、7月20日に賃上げの交渉を行うことが予定されているという。なお、Freeport社は今回のストライキに関しコメントを控えているが、一部報道では今回のストライキにより1日6.75億US$の損失が発生したと言われている。

ページトップへ