閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年7月18日 ジャカルタ 高橋健一

フィリピン:SM Investment社、Carmen銅鉱山を所有するAtlas社の株式17.9%を取得

 2011年7月7日の各社報道によれば、フィリピンの投資持株会社であるSM Investment Corp社は、フィリピンCarmen銅鉱山の権益を所有するAtlas Consolidated Mining and Development社の株式17.9%を取得した。株式取得額は1億4,220万US$で、同資金はCarmen銅鉱山の共同所有者であるシンガポールCrescent Asian Special Opportunities Portfolio社が持つ45.54%の権益取得資金3億9千万US$の一部に充てられる予定である。
 SM Investment Corp社はフィリピン国内で主に不動産事業を核とした投資・持株会社で、今回の買収は、銅を始めとする金属価格の上昇や、Carmen銅鉱山は主要市場である中国、韓国に近い点で投資に有利な条件を兼ね備えているものと判断し投資に至ったとしている。Carmen銅鉱山はセブ州に位置し、2007年9月から生産を開始、今後3年間において現在の鉱石採掘量42千t/日から100千t/日に増産する計画である。

ページトップへ