閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年7月19日 シドニー 栗原政臣

豪:ワーナンインターナショナル、FerrAus社にAtlas Iron社の買収提案に対し質問

 2011年7月16日の地元紙等は、香港のワーナンインターナショナル(華南投資控股有限公司 :Wah Nam International Holdings Ltd.)が、自らが16.4%の株式を所有する西豪州のジュニア探鉱会社FerrAus Limited(FerrAus)社に対して、Atlas Iron Limited(Atlas)社が行ったFerrAus社の3億A$以上の買収提案に対して質問状を送付した、と報じた。ワーナンインターナショナルのPeter Luk会長は、FerrAus社に対し「何故この複雑で自社株の価値を減少させる一連の取引をFerrAus社の株主が支持したかのか説明を求めた」とした。ワーナンインターナショナルは、最近FerrAus社鉱区に隣接するBrockman Resources社に対する支配権を確保したが、FerrAus社の買収に関しては、6月28日にAtlas社がFerrAus社との契約を締結したと発表後、撤回した。このためワーナンインターナショナルのFerrAus社への出資割合は10%に減少する見込みである。
 Atlas社は、ピルバラ地域およびミッドウェスト地域を中心に鉱区を所有する鉄鉱石探査会社で、全てのプロジェクトの予測まで含めた資源量は204,710,000 t、鉄品位56.7%。

ページトップへ