閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年7月21日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:CODELCOがVentanas銅製錬所鉱害問題に関する調査結果を発表

 2011年3月23日にチリ第Ⅴ州Ventanas銅製錬所周辺のPuchuncaví地域で発生した鉱害問題に対する調査結果をCODELCOが発表した。問題が発生した学校及びLa Greda地区において採取した粒子を分析した結果、検出された銅、鉛、砒素は温度変化を受けたものではないことが判明し、同成分が製錬所由来ではなく、野外に保管されている銅精鉱等が風によって空気中に散乱したものであるとの見方を示した。CODELCOは2011年2月より銅精鉱を野外で保管すること及び港で他社に販売することを禁止しており、本鉱害問題について同社の責任はないとした。
 Ventanas製錬所では2011年3月23日の定期保守作業後に亜硫酸ガスが多量に発生し、周辺の小学校教師・生徒など46人が中毒症状を訴える事件が起きていた。

ページトップへ