閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年7月22日 ロンドン 北野由佳

英:LME倉庫の受け渡し最小限度の引き上げの続報

 各社報道によると、LME理事会は2011年7月14日、在庫量が90万tを超えるLME指定倉庫からの受け渡し最小限度を3,000 t/日とする変更案を承認した模様である。2011年6月のLME理事会では、在庫量が30~60万tの倉庫の最小受け渡し限度を2,000 t /日、在庫量が60~90万tの倉庫の最小受け渡し限度を2,500 t/日とすることを既に承認している。
 現行のシステムではLME指定倉庫からの受け渡し最下限は、各倉庫の保管能力に基づき1,500 t/日を上限として設定されており、産業界からはアルミの受け渡しに要する待ち時間に対する批判が高まっていた。LMEのMartin Abbott最高経営責任者は、「受け渡し最低限度の引き上げがもたらす効果に関しては常に検討していく。アルミ倉庫での待ち時間に関する懸念は認識している。」とコメントした。
 なお、変更後の受け渡し最小限度は、2012年4月1日から適用され、新たな規則を順守できない倉庫は指定倉庫のリストから除外されることとなる。

ページトップへ