閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年7月24日 北京 土居正典

中国:国土資源部及び財政部、希土資源鉱産地戦略的買上げ備蓄を検討

 現地報道によると、中国国土資源部及び財政部は、2011年7月14日に開催された産業フォーラムで「希土資源鉱産地戦略的買上げ備蓄」制度を検討しており、南部のイオン吸着型レアアースの備蓄を加速させる計画であると公表した。また2011年H2には、国土資源部、工業情報化部など担当部署が生産指令性計画検査、環境保全認可検査など4項目の特別検査を実施する予定である。
 公表された案は、①鉱産地戦略的備蓄に関する法律、②備蓄規模及び資源探査、③備蓄資金財源及び規模、④関連産業政策などである。鉱産地戦略的備蓄は、数カ所の地域で試験的に実施されるが、南部のイオン吸着型レアアースの備蓄を優先して実施する。また検討中の産業政策では、レアアース製品専用領収書政策、一部レアアース加工製品を輸出枠管理対象とすることなどが含まれている。ある企業関係者によると「専用領収書政策の実施は、現在市場で相当な割合を占める投機者(領収書を発行してない者)に大きなダメージを与えることとなる。政策実施前に買い溜めたレアアース製品を売らねばならず、市場価格へも影響を与える」と話している。

ページトップへ