閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年7月25日 メキシコ 高木博康

メキシコ:加MAG Silver社、Juanicipio多金属プロジェクトの新規資源量評価を開始

 MAG Silver Corp.(本社:バンクーバー)は、同社が44%の権益を有するメキシコ・サカテカス州のJuanicipio多金属プロジェクトの新規資源量評価を開始したと、2011年7月19日付け同社HPに発表した。なお、同プロジェクトの権益56%は、Fresnillo plc(Peñolesの貴金属部門子会社)が保有している。
 MAG社の発表によると、AMC Mining Consultants社に委託して新規資源量評価を行い、2010年9月に行った資源量評価(下表)の予測資源量を概測資源量へカテゴリーアップした上で、それを基にFSを行う。

  資源量   平均品位 含有量
概測資源量 5.20百万t 662 g/t 3,431 t
1.92 g/t 10.0 t
1.78 % 92.8 千t
亜鉛 3.66 % 190.5千t
予測資源量 7.72百万t 376 g/t 2,902 t
1.56 g/t 12.0 t
1.53 % 118.4千t
亜鉛 2.74 % 211.7千t

 同社は、メキシコのサカテカス州、チワワ州及びサン・ルイス・ポトシ州で多数の探鉱プロジェクトを実施している。

ページトップへ