閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年7月25日 バンクーバー 大北博紀

トンガ:Nautilus社子会社、東太平洋Clarion Clipperton海域の調査許可を取得

 Nautilus Minerals Inc(本社:ON州トロント、以下Nautilus社)は、2011年7月22日、Nautilus社の子会社Tonga Offshore Mining Ltdが、民間組織として初めて東太平洋のClarion Clipperton海域の調査権を国際海底機構(ISA)から付与されたと公表した。
 同海域は、ハワイとメキシコの間の公海に位置する約75,000 km2のエリアで1980年代に行われた調査の結果、鉱床は多金属団塊(銅、ニッケル、コバルト、マンガンを含む)から構成され、水深4,500 m以深の海底に賦存していることが明らかになっている。
 ISAより2011年7月25日の週に与えられた権利の有効期間は15年間となっている。

ページトップへ