閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年8月1日 ロンドン 小嶋吉広

ザンビア:Barrick Gold社、Lumwana銅鉱山生産拡大に向けて追加投資

 メディア報道によると、Barrick Gold Corp(本社:トロント)は、同社の銅事業の中核的プロジェクトでザンビア北西部に位置するLumwana銅鉱山の生産拡大に向け、今後18か月で5,000万US$の追加投資を行うことを発表した。
 Lumwana鉱山は2011年5月に買収したEquinox Minerals Ltd.が保有する主要銅鉱山であり、埋蔵量は銅203.7万t、銅品位0.681%、2010年の銅生産量14.7万tである。2011年Q1の銅生産量は3.4万tであったが、2011年Q2の生産量は最大約8万tが見込まれている。今回の追加投資により選鉱設備能力を増強し、2012年以降に銅生産量の倍増を目指す計画である。
 また同じくEquinox社が保有していたサウジアラビアでのJabal Sayid銅プロジェクト(Barrick Gold社:70%、Central Mining Investment社(本社:サウジアラビア):30%)に関し、生産開始は2012年H2となる模様である。同プロジェクトでは最大で銅5.8万t/年の生産量が見込まれている。

ページトップへ