閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2011年8月1日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:中国企業、南カリマンタンにフェロニッケル・プラント建設

 2011年7月23日の地元紙社報道によれば、中国江蘇省の大豊港集団(Dafeng Port Group Co.Ltd)は、インドネシア南カリマンタン州コタバルにフェロニッケル・プラントを建設する計画を発表した。当初投資額は2.4憶US$で、フェロニッケル・プラントの他、150 MWの石炭火力発電プラント、職業訓練所なども建設する。PT Sebuku Iron Lateritic Ores(SILO)がインドネシア側のパートナー企業となり、プラントに鉱石、石炭供給などを行う。
 現在は、地方政府との間でライセンスその他の行政手続きが進められているが、この計画については、地域の雇用確保や税収、ロイヤルティ収入などにより地域開発に大きく貢献するものであるとして、南カリマンタン州議会議長を始めとして、多くの地方議員も歓迎の意を示し、プラント建設を強くサポートすると表明している。

ページトップへ