閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2011年8月2日 シドニー 栗原政臣

豪:FMG社、ソロモン鉄鉱石プロジェクトで生産コスト減

 2011年7月26日の地元紙等の報道によると、Fortescue Metals Group社(以下、FMG社)のNev Power新社長は、ソロモン鉄鉱石プロジェクトの操業開始によりFMG社全体の生産コストが抑えられると語った。Power社長によると本プロジェクトの剥土比は1.5で、操業中のChristmas Creek鉱山およびCloud Break鉱山の剥土比の5と比較して低く、これにより2011年Q1の45 US$/tから2011年Q2に53 US$/tまで上昇したFMG社の生産コストは相殺されるとしている。
 本プロジェクトでは、操業当初は年間60百万tの鉄鉱石が生産され、その生産コストは25~30 US$/tと見込まれている。また、FMG社は最近Caterpillar社に2015年までに45台の無人トラックを発注したと発表し、その半数は2012年までに納入されるとしている。

ページトップへ