閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年8月5日 サンティアゴ 神谷夏実

ブラジル:Paranapanema社、ベースメタルの共同探鉱を準備中

 メディア報道によると、銅生産大手のParanapanema社(銅製錬、銅加工、リン酸肥料、ブラジル唯一の銅地金生産者)は、同社が保有するベースメタル鉱区での共同探鉱に向けて準備を行っている。同社はブラジル国内に約140鉱区を保有しており、対象鉱種は銅、錫、金、銀等である。現在、Bahia、Para、Pernambuco、Rio Grande do Sul各州のデータコンパイルを実施中であり、2011年後半以降、共同探鉱の交渉に入る。同社は、ブラジル唯一のCaraiba銅製錬所を操業しているが、原料の85%を輸入に依存している。なお、Valeは2010年7月にブラジルParanapanema社の買収提案を発表したが、9月に買収の失敗を発表した。

ページトップへ