閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年8月8日 リマ 山内英生

エクアドル:CODELCO、探鉱計画を発表

 2011年8月2日付け地元紙等によると、チリ銅公社(CODELCO)のIssac Aránguiz開発担当副社長はエクアドル鉱業公社(ENAMI)との合意に基づき、エクアドル北部、キトの北方に位置するEl Palmar鉱床(Imbabula県)の環境影響評価のライセンスの許可が降りれば、2~3ヵ月後にも初期探鉱活動を開始し、2011年末又は2012年初めには開発の可能性を判断したいと述べた。また、Zamora Chinchipe県及びCotopaxi県に位置する他の鉱床についても探鉱を実施するかどうか検討中であると述べた。

ページトップへ