閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年8月11日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:鉱業の好況により2011年H1の所得税収が付加価値税収を上回る

 メディア報道によると、2011年H1の所得税収が付加価値税収を上回った。チリ予算局(DIRES : Dirección de Presupuestos)の統計によると、2011年1月から6月までの所得税は104.3億US$でチリ税収全体の45.2%を占め、100.21億US$であった付加価値税収を上回った。DIRESによれば、所得税は前年同期に比べ24.1%増えており、これには民間鉱山会社からの税収が大きく貢献している。大手鉱山会社からの税収は所得税収全体のほぼ1/3を占めた。鉱業ロイヤルティ収入は6.57億US$に達し、昨年同期(2.67億US$)に比べ2倍以上に増加した。H1に所得税収が付加価値税収を上回ったのは2007年以来である。

ページトップへ