閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2011年8月12日 サンティアゴ 縫部保徳

チリ:Antofagastaの2011年Q2銅生産量は前年同期比22%増

 Antofagastaの2011年Q2レポートによると、同グループの2011年Q2の銅生産量は158,700 tに達し、前年同期の129,800 tに比べ22.3%増加した。これは、フル操業に向けた立ち上げ作業が続くEsperanza鉱山での生産量増加及びLos Pelambres鉱山での鉱石高品位化と粗鉱処理量増加によるものである。2011年H1の銅生産量は288,500 tとなり、前年同期の252,900 tから14.1%増加した。同社の2011年通年の銅生産量は620,000~640,000 tを見込んでいる。
 AntofagastaはチリでLos Pelambres、Esperanza、El Tesoro、Michillaの4つの銅鉱山を操業している。同社の2010年の銅生産量は521,100 tであった。

ページトップへ