閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル ニッケル
2011年8月15日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:国営Antam、フェロニッケル製錬プロジェクトの金融コンソーシアムを指名

 2011年8月5日の地元各社報道によれば、インドネシア国営Antamは、現在計画しているインドネシア北マルク州でのHalmaheraフェロニッケル製錬プロジェクトの資金調達のための融資コンソーシアムに、国営Mandiri銀行、Rakyat Indonesia銀行、Mandiri証券の国内金融機関の他、ゴールドマン・サックス、ドイツ銀行、三井住友銀行及びスタンダード・チャータード銀行の外国金融機関を指名した。主幹事はMandiri銀行となる模様。同コンソーシアムはAntamが計画するプロジェクトの投資総額16億US$のうち、10億US$の資金調達をサポートする。金融市場次第では資金調達方法として社債発行も検討しているとしている。
 Antamの同プロジェクト計画では、2011年末の着工、2014年末の商業生産開始を目指しており、ニッケル含有量2.7万tのフェロニッケルを年間生産する。また、プロジェクトの投資額16億US$のうち6億US$は260 MWの発電プラント分となる。発電プラントは国営電力会社のPT PLNが建設する予定であり、2012年初頭に着工、完成後Antamのフェロニッケル・プラントに電力供給する。

ページトップへ