閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル
2011年8月15日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:2011年7月錫輸出、前年同期比4.5%増の9.3千t

 2011年8月9日の地元各社報道によれば、商業省の発表では、インドネシアの2011年7月の錫輸出量は前年同期比4.5%増の9,266 tとなった。2011年1月~7月期累計では59,875 t。一方前月の10,875 tからは15%減となったことを踏まえ、インドネシア錫産業協会Rudi Irawan副会長は、錫の生産状況は現在平常状態であるが、4月のLMEで最高値となる33,000 US$/t台からは価格が下落しており、生産量及び輸出量の傾向は最近の価格動向を反映している、とコメントしている。また、当局側による主要生産地Bangka、Belitung島での不法採掘者の取り締まりや、輸出規制、陸上鉱石の枯渇などが、2011年前半の価格上昇に大きく影響したものとしている。2010年のインドネシアの錫生産量は約7.9万tであったが、政府は2011年の生産目標を9万tとしている。

ページトップへ