閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年8月15日 北京 土居正典

中国:五鉱有色のレアアース生産停止提案への反応

 中国希土ネットによると、五鉱有色はレアアース生産停止を提案し社会的関心を集めているが、同業者は特段の関心を示していない。中色株式関係者によると、五鉱有色の提案は聞いたこともなく、生産は通常通りで稼働率も変化がない。包鋼希土関係者によると、現在フル生産を行っており、保有する生産指標を2011年内に達成する状態である。広晟有色関係者によると、1企業である五鉱有色の提案に応える必要は無く、生産停止するかどうかは政府関係部署の意見による。
 業界内関係者によると、2011年内に採掘、生産、環境保護、流通の四分野の検査が実施される予定である。これまでは、確認検査が実施されたことは無い。今回の五鉱有色の提案は理解し難い。企業は、指令性生産計画指標に達した時点で生産を停止するのが普通であり、1企業による生産停止提案は必要ないはずである。関係者によると「例年、五鉱有色も計画指標以上を生産していた。今回の提案は、政策に対する何らかの合図かも知れない」と話している。例年、中国南部のレアアース企業は計画指標の3倍以上を生産している。例えば、江西省では生産指標1万t未満に対し、実際の生産は3~4万tとなっている。中国有色工程設計研究総院王国珍元副院長は「2010年の生産量は、16万t以上の可能性がある」と話している。

ページトップへ