閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2011年8月16日 モスクワ 大木雅文

ロシア:2011年上期の非鉄金属の輸出、生産状況

 2011年8月8日、10日付け当地報道によると、2011年H1の銅・ニッケル輸出は減少、アルミ輸出は増加、ニッケル及びコバルトの生産は減少している。連邦税関局によると、2011年1~6月のロシアの銅輸出は前年同期比67.2%減の75,937 tであった。金額ベースでは同55.8%減の7億810万US$。未加工ニッケルの輸出も16.8%減少し84,671 tとなった。金額ベースでは0.8%増の22億1,700万US$であった。一方アルミ輸出は前年同期比6.1%増の1,696,000 t、金額ベースでは29.5%増の35億9,400万US$となった。
 また連邦国家統計局によると、2011年1月~6月のロシアにおける未加工ニッケルの生産は前年同期比2.4%減、未加工コバルトの生産は同2.9%減であった。未加工ニッケル及びコバルトの直近5月と6月の生産状況はともに対前年同月比減となり、減少傾向が続いている。

ページトップへ