閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年8月18日 サンティアゴ 縫部保徳

ウルグアイ:Orosur Miningの2011年度純利益は15.9百万US$で前年度の10倍以上に

 ウルグアイで唯一の金鉱山であるSan Gregorio鉱山を操業するOrosur Mining(本社:モンテビデオ)の2011年度(2011年5月末締め)純利益は、前年度の1.40百万US$の10倍以上となる15.9百万US$に達したと同社が発表した。これは、金の実勢価格の上昇とキャッシュコスト低減によるものである。収入は前年度の59.6百万US$から78.7百万US$に増加した。
 San Gregorio鉱山からの2011年度金生産量は55.8千oz(1.58 t)で前年度の56.1千oz(1.59 t)を若干下回った。高品位鉱石の採掘、銀の売り上げの増加、2009年より続けるコスト低減策の結果、トータルキャッシュコストは754 US$/ozとなり前年度の827 US$/ozから低減された。
 Orosur Miningは、San Gregorio鉱山から2 kmに位置するArenal Deepsプロジェクトで、ウルグアイ初となる機械化坑内採掘を計画している。同プロジェクトからの生産開始は2012年度Q2を予定している。

ページトップへ