閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年8月22日 サンティアゴ 神谷夏実

ブラジル:Paranapanema、生産能力の増強のための投資

 Paranapanema社によると、ブラジルの銅精錬・加工施設に対し2011年から2013年にかけて7.27億レアル(約4.5億US$)の投資を行う。Eluma工場の圧延設備を現在の生産能力6万t/年から20万t/年まで拡張する。2013年12月の完成を目指し、投資額は3.12億レアル(約1.95億US$)である。この他、破砕設備の拡張、銅精錬能力拡張(年産230千tを280千tまで増強、投資額230百万レアル(約144百万US$)が含まれる。また2012年末を目指し、銅精錬工程からの金、銀、白金の回収を目的とした貴金属回収行程を新たに28百万レアル(約17.5百万US$)で建設する。
 一方、Paranapanema社は、銅資源の確保のために、中小の鉱山会社とアライアンスを組み探査を行う計画がある。

ページトップへ