閉じる

ニュース・フラッシュ

2011年8月22日 ジャカルタ 高橋健一

インドネシア:West Lombok探鉱プロジェクト、侵入者の妨害行為でボーリング作業中断

 Southern Arc Minerals社(加TSX-V上場)は2011年8月9日、侵入者の妨害行為により、ボーリング掘削作業中であったインドネシアWest Lombok銅・金探鉱プロジェクトの作業が中断と発表した。妨害者集団は8月8日に作業現場に侵入し、ボーリング・リグ3基に火を放ち、他5基を破壊した。同社関係者は無事で、けが人もなかった模様。同社は、同プロジェクト鉱区周辺で違法採掘を行っている集団の行為であると見ている。同様の妨害は2011年5月にも発生し、その事件後、同社では警察、兵士による安全確保を強化していた。
 また、8月18日の発表では、警察機動隊が作業員の安全確保で州政府と合意し、中断しているボーリング作業は9月に再開する予定としている。

ページトップへ